食物による脳疲労の回復方法とは

食物による脳疲労の回復方法とは

脳疲労,食物,回復方法

脳疲労とは長時間大量の情報を脳に送ったことで、正常に機能しない状態です。
思考がぼんやりとしたりコミニュケーション能力が低下したりします。

 

脳疲労はうつ病の原因になることもあるため、疲れを感じたらすぐに対処する必要があります。

 

脳疲労は食物療法もおすすめです。
食物による回復方法は特定の食物を食べるだけなので、実践しやすい方法です。

クエン酸が豊富な食べ物が脳疲労に効果的

脳疲労,食物,回復方法

脳疲労の回復に効果的な食物は以下の3つが挙げられます。

  • 梅干し
  • イチゴ
  • レモン

これらにはクエン酸が含まれています。
クエン酸は酸っぱいと感じさせる主な成分で、疲労回復に高い効果を発揮します。

クエン酸が疲労物質の乳酸を除去してくれる

脳疲労,食物,回復方法

脳も筋肉と同じように乳酸が溜まると疲れを感じたりイライラしたりします。
乳酸は精神をリラックスさせるセロトニンの分泌を阻害します。
そのため、クエン酸を補給して乳酸を除去しなければなりません。

 

またクエン酸にはキレート作用という細胞を老化させる活性酸素を除去する機能も備わっています。
それによって思考力や記憶力を高いまま保つことができます。

 

ビタミンB1食物と一緒に食べて相乗効果UP

脳疲労,食物,回復方法

クエン酸はビタミンB1との相乗効果が期待できます。
ビタミンB1も疲労回復に役立つ成分です。

  • 豚肉
  • バナナ
  • 納豆

などを食べると良いです。

これらの食物をこまめに摂取すること

脳疲労,食物,回復方法

クエン酸は常に体が必要としている成分です。
しかし一度にまとめて摂取すると大部分が排出されてしまいます。
効率良く脳疲労を改善するためには、こまめに摂取することがポイントです。

 

梅干しやレモンは酸っぱいので一度に大量に食べる人はほとんどいませんが、おにぎりに入っている梅干しや揚げ物に添えられているレモンなど、身近な料理に使われているので摂取しやすいです。

 

脳疲労,食物,回復方法

甘いもので脳疲労を紛らわすのは非合理的

甘い物を食べると元気になるとされますが、それはブドウ糖が脳のエネルギーになるためです。ブドウ糖は早く吸収されますが、糖分はインスリンの分泌を促進することで、血糖値の急激な減少をもたらします。

 

脳は血糖値の大きな変化によっても疲れが溜まるので、甘い物で対処するのは合理的ではありません。チョコレートやコーヒーも一時的に脳疲労を回復させますが、根本的には何も改善されません。

>>効果とコストと成分で選んだおすすめの脳疲労サプリはこちら<<


page top