音楽を使った脳疲労の回復方法

音楽を使った脳疲労の回復方法

脳疲労,音楽,回復方法

脳疲労は長時間神経を使う仕事をした時や緊張状態に置かれたときに生じます。脳がオーバーワークになり、正常に機能しなくなった状態です。

 

脳疲労になると、脳内の重要な部位が本来の機能を発揮しなくなります。イライラしたり、不安や心配事などの消極的なことが頭に浮かんでは消えていきます。

 

ひどくなると、睡眠や食事にも影響を与えます。症状として、寝つきが悪くなったり、食に無関心になったりしてしまうのです。

脳疲労は音楽療法で回復する

脳疲労,音楽,回復方法

脳疲労に回復方法として音楽療法があります。音楽を聴くことで、脳にたまった疲れを取る除くこと方法です。

 

音楽は全身に強い影響を及ぼします。音楽を使った回復方法が有効な理由は、聴覚と感情が強く結びついているからです。聴覚は脳に対して、視覚よりも強い影響を与えます。

 

実際ほとんどの人は明るい曲を聴くと、楽しくなります。反対に哀愁漂うメロディーだと哀しくなります。ワンフレーズが流れているだけで、すぐに体に影響があるのです。

 

また、ある病院の手術室で患者に曲を流しながら施術したところ、驚くべき効果が得られました。
痛みが和らいだため、従来の手術で使用していた鎮痛剤の量を大幅に減らすことができたのです。

どんな音楽がいいの?

脳疲労,音楽,回復方法

専門的な方法もありますが、セルフで行える簡単な方法もあります。
穏やかなメロディーのものを選びましょう。

 

テンポはとても大切ですが、人間の心拍数に近い曲が効果的です。
協和音と不協和音がバランスよく組み合わさっていることもポイントです。

 

ジャンルは不問

クラッシックも脳疲労の回復方法としてよく用いられていますがどのジャンルでも構いません。
激しいビートのもの非常ににぎやかな曲は避けましょう。

リラックスした環境で

聴き方ですが、リラックスしてただ流すだけです。
敢えて歌詞やメロディーに注目しないようにしましょう。
リラックスするためには、座り心地のよい椅子と室温を快適に保つことも必要です。

音楽は聴き流すだけ

自分の好きなアーティストのものは避けます。
好きなアーティストの曲だと、集中してしまいテンションが上がってしまうからです。

>>効果とコストと成分で選んだおすすめの脳疲労サプリはこちら<<


page top